ズボラ主婦@水芭蕉の日々徒然 【節約】保温調理☆余熱調理 ズボラ主婦@水芭蕉の日々徒然 【節約】保温調理☆余熱調理
FC2ブログ

ズボラ主婦@水芭蕉の日々徒然

育児、ダイエット、節約、B'zについてなど綴っております。

【節約】保温調理☆余熱調理

 こんにちは☆
突然ですが、“鍋”や“煮込み料理”はお好きですか?

先日友人数名を招いて食事をする機会があったのですが、
調理中の鍋を見た二人に
「これ、何してるんですか?」
と聞かれました。
“これ”とは“鍋に新聞紙とタオルを巻いた状態”のこと。
 この後、これが何かを知ってるか知らないかから始まり、
知恵袋だ雑学王だと言いながら盛り上がりました(笑)

 “これ”の正体は“保温調理”
上記に書いた通り、
新聞紙やタオルで熱が逃げないようにします。
沸騰したらそのまま放置する“余熱調理”もします。
これでガス代節約(ノ´∀`*)フフフ

カレーや煮物など、
だいたい30分くらいで柔らかく煮えます。
※煮るものや量にもよります

ゆで卵もよく作ります。
沸騰したらふたをして、火を止めて放置。
10分で半熟に。20分以上で固めになります。

高級保温調理器具を使わなくても、
簡単な方法で出来ちゃいますヽ(*´▽)ノ♪

お鍋を新調しようと見ているときに
スタッフの方が説明してくれたことも
ちょっと書いておきますね(^^)

【火にかける際のポイント】
火が鍋底からはみ出さない程度にする。
IH調理器の時は中火ボタン、10段階表示の場合は5~7くらいにしています。

鍋底の水滴は拭き取る
水滴を蒸発させるために使うエネルギーを無くすためです。

【鍋やフタについて】
何かを煮たり茹でたりする時にフタをすると、
ガス消費量が2割も減る☆

調理中に鍋にフタをするかしないかで、
年間で約1000円違う。

違うサイズのフタは使わない
隙間ができてしまうと、せっかく熱効率も下がってしまうそう。

重めのフタを使う
軽いフタは密閉性が低く、
隙間から熱気が逃げていってしまうからです。

鍋は厚手のもの選ぶ
ステンレス・アルミ・ほうろうなど、
厚手で保温力の高い鍋がおすすめ。

やかんや鍋は、底が平らで大きいものの方よい。
※これは、熱をより多く鍋に伝えることが出来るからだそうです。


結局、用途やキッチンスペースの都合もあり、
小さめのミルクパンを購入しました(^_^;
良い勉強にはなったので、
大きめの鍋を新調する際は、
参考にして選ぼうと思います(*^^*)

★ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチっとお願いします♪





口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する