ズボラ主婦@水芭蕉の日々徒然 “離活”始めます・・・ ズボラ主婦@水芭蕉の日々徒然 “離活”始めます・・・

ズボラ主婦@水芭蕉の日々徒然

育児、ダイエット、節約、B'zについてなど綴っております。

“離活”始めます・・・

 世の中には“〇〇活”っていうものがたくさんあります。
就活=就職活動、婚活=結婚活動はよく聞きますよね。
私は今日“離活=離婚活動”を決意しました。

・・・えぇ、とても考えました(--;;;;
色々あったことから、離婚した場合の後のことまで。
今日、突発的に何かがあったわけではなく、
ふと何となしに思い付いたわけではなく、
強いて言うなら日々の積み重ねでしょうか・・・

今まで主人の色々な言動に
イラっとしたり悲しんだりして、
我慢をすることもあれば、本音をぶつけたりもした。
感情的にマシンガンのごとく責め立てたこともあれば、
まず落ち着くように準備してから、聞く姿勢で向き合ったり
もした。

しかし、いつでも主人の態度は変わらず
「言っても仕方ないでしょ?(現状は変わらないでしょ?)」
「我慢して」
「諦めて」
「俺が一番えらい(辛い)んだから」

この4つで返答され、会話は終わってしまいます。
シャッターのように、ガラガラガッシャーーン!!

一緒に暮らしているのに、家族なのに
“言っても仕方ない”はおかしくないか?と思いました。
じゃあ何故私と結婚したんだ?
(長くなるので割愛しますが)
姑の介護を自分がしたくなかったからか?と思えてなりません。

主人の給与額も知らない
保険等もどこかに加入してるらしいとしか知らない
主人の支出の詳細も知らない
なぜ食費(2万円)を渡すのが苦しいのかわからない
「全部自分でやらなきゃ気が済まない」「人が信用できない」と言ったわりに
「資金繰りに失敗した」と家賃が引き落とされなかった理由がわからない

全部、知らない。
全部、わからない。


今まで実家の家族や友人たちに
愚痴を聞いてもらい、アドバイスをもらい、支えてもらってきました。
“私の考えは変なのだろうか?”
“結婚ってこういうものなんだろうか?”
と思い、自身の考えを改めようとしたり否定したりもしました。

 けど、最近やっと目覚めた感じがします。
一番の
“現実を受け入れない自分・逃げている自分”
って気づいた・・・気付いていたけど、やっと認めたというべきかな。

「旦那はやる気がないんじゃない。働いて帰ってきて疲れてるんだ。」
「旦那は冷たそうだけど、不器用なだけだ。」
「旦那が“俺は子供好きで愛妻家だ”と言っている。感情表現が薄いだけだ。」
“自分第一主義な旦那”だとはわかっていたけど、
多少なりとも妻子のこと考えているだろうと思っていたけど、
・・・そうであって欲しいと願っていただけかもしれない・・・。
昨夜突っ込んだ話をした時に返ってきた中身の無い答えがその証拠。
(※詳細は別記事にて)

強くなろう!
現実を受け止めよう。
そして自分で進んでいこう。
子どものことは私が守る!



★ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチっとお願いします♪





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する