ズボラ主婦@水芭蕉の日々徒然 2016年09月 ズボラ主婦@水芭蕉の日々徒然 2016年09月

ズボラ主婦@水芭蕉の日々徒然

育児、ダイエット、節約、B'zについてなど綴っております。

『適応障害』と診断されました(^^;

ご無沙汰しています。
2ヶ月ぶりの更新です…
何かあると更新が止まるから分かると友人に言われました(^^;

実は今『適応障害』を患い、実家で療養中です。
※ 『適応障害』の詳細は記事下部に掲載しています。


数ヵ月前から姑に言動にいちいち反応してしまい、
イライラが止まらなくなっていました。
ついには声を聞くのも顔を見るのも嫌になりました。
ある日姑に平手打ちの一つも打つ勢いで怒りが収まらなくなり、
何か(暴力など)してしまう前に姑から離れたいと思い、息子を連れ実家へ向かいました。

    以前に“うつ病”と診断された時と、
感じが似ているように思い心療内科を受診したところ
『適応障害』と診断されました。

医師から
“姑と距離を置くべきだ”と言われ
主人に相談し、姑を説得し、3ヶ月ほどを目安に実家へ戻ることになりました。

現在は実家の家族に支えられ、
地元の友人に支えられ、
良い環境の中で療養させてもらっています。
…まぁ、姑や主人のことは色々ありますが、
ひとまず落ち着いています。



【適応障害とは】
 適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとても辛く耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。また、無断欠席や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。
ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善します。でもストレス因から離れられない、取り除けない状況では、症状が慢性化することもあります。そういった場合は、カウンセリングを通して、ストレスフルな状況に適応する力をつけることも、有効な治療法です。

★ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチっとお願いします♪

 

 

このページのトップへ